自分軸についての質問をいただきました

先日、三澤に送られてきた質問をご紹介します。

 

【質問者様】
”先日、お寺の住職に話を聞く機会があったり、周囲に話したり、ブログ見たりとしていましたが、しっくりくる答えが見つからず、今は仏教の教えに辿り着来ました。
自分がいかに、今まで目標を持たずに生きて来たのか、実感させられております。

まだ、中途半端な意見になってしまうのですが、私達が生かされているのは、与えられた使命をまっとうするためだと思います。

明日生きていられるかも分からない状況の中、今日を充実した1日を送る事が出来たと実感出来る様に、目標に向かって歩けているか確認出来る様に、ありたい姿に気づき達成する事こそが使命であり、生きる意味ではないでしょうか。
ただ、私にとってのありたい姿が見えてこないのが、悔しいのですが。

ご教示、宜しくお願い致します。”

 

生きる目的 自分らしさ 使命


【三澤】
A様、きちんと自分で答えを探していらしゃる姿に感銘を受けます。

>私達が生かされているのは、与えられた使命をまっとうするためだと思います。
その通りです。

でも、他人軸で物事を考えているとその使命から外れていまい、使命とは違う目標を立てがちです。

 

まずは、今の現状を一旦脇においてください。

 

今の現状から見ると、使命は出てこないものです。

 

自分が今、無職だとして、
家族を養わなくてもいいとして、
収入が十分にあるとして、

 

Aさんは、どんな人にどうなってもうらうのが嬉しいですか?

 

使命は、職業ではありません。
使命は、趣味でもありません。
使命は、自分一人で成し得るモノでもありません。

 

使命は、誰かの役に立ち存在できること。
さらに、それが自分自身がやりたいことと重なっていることの間にあります

 

使命は、誰かの役に立てるか?で考えては出てきません。

 

自分軸で、「私は、こんな人が◯◯になる姿を見るのが嬉しい」と感じるために使命があります。

 

その使命を果たすためのツールが仕事になります。

その仕事は、今の職場環境で果たすことができることもあるし、できないこともあります。

 

できるなら使命を今の職場で果たし、できないなら他の職場でできないかを検討、もしくは自分でやる方法を探すしかありません。

 

人のために使命を見つけるのではなく、自分の奥に眠る使命が見つかった時、大いに貢献し使命を全うすることに夢中になります。
自分の使命は自分のためだけに見つけてください。

 

Aさんの現状だと、まずは
「私は、こんな人が◯◯になる姿を見るのが嬉しい」と感じるポイントを自分のなかに探してくださいね

 

もし、ヒントになればですが、
今度11月20日に福岡でセミナー
そして、11月23日に東京でセミナーを行います。

 

↓セミナー詳細↓
よかったらいらしてくださいね。

Comments

comments

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

成長を通して生きる目的を見つけるには

Copyright 2017 起業して失敗しないコアコンセプトの見つけ方