自分らしさを手に入れる方法

 

自分らしくないと感じるときはどんなときですか?

多くの人が、自分らしさってなんだろう・・・

と、一度くらいは考えた事があると思います。

そして、できる事なら自分らしさを100%表現して、素敵になりたいとも。

 

素敵な人の共通点は3つあります。

① 自分の考えや軸がしっかりとしている事

② 自分の魅力を自覚して、磨いてさらに表現している事

③ 自分の考えを曲げる事なく、相手に寄り添い協調性があること

 

そんな素敵な人に憧れますよね。

 

そして、そんな人を見かけたとき、どんなふうに思いますか?

感じ方は2通り

① いいな〜、でも、私はあんな風にはなれないな〜

② きっと、あんなふうに見せて裏があるはず!

実は、どちらも同じ反応です。

 

自分らしい人をみると、憧れや嫉妬という感情がはたらけば、

あなた自身がそんな風になりたいと思っているからです。

 

しかし、自分らしい人は

「自分以外の何ものにもなりたくない」と思っているので

どんな感情も働かず、

むしろ、自分らしくない人を見て、もったいないと感じます。

 

自分らしさを手に入れるために必要な事は

まずは、人がなんと言おうと自分が好きだと思う事、嫌だと思う事を言ってみる事。

もちろん、最初は独り言もしくは紙に書いてみる事から始めてみて。

 

一番大事なのは、表現する前に、自分自身が自覚してみる事です。

 

独り言、紙に書いてみるという事をやってみて

自分自身がどう感じるかが大事です。

 

誰かの言葉を自分の言葉のように言っていると、しっくりこないもの。

そして、誰かに遠慮して思っている事を曲げていると違和感を感じます。

 

まずは、自分自身がどんな事に「快」「不快」を感じているかを自覚する事が大切です。

 

しかし、人によってはとっても大変な人がいます。

「何も感じない・・・」

「感情が動かない・・・」

 

こんな人は、心の奥底で思っている事を出さないという事に慣れてしまっていて

感じ方、出し方がわからなくなっているケース。

 

ちょっとした、専門家のアプローチが必要となってきます。

 

自分自身が、自分で迷宮に入れているものを探し出すためには、時間がかかる事もあります。

 

でも、知っておいて欲しい事。

ひまわりはバラにはなれない

バラはひまわりにはなれない

自分らしく大きく花開くためには

自分がひまわりであること、バラであることを自覚すること。

そもそも、種がちがうのだから

なれっこない。

 

自分らしさを表現出来た人同士が集まることにより

より素敵な世界を作り上げることができます。

 

自分の源泉である種を知ることが、

自分らしくなるための最大の秘訣です。

 

その種からできあがるお仕事が出来たら

自分も楽しいし、関わっている人たちも楽しくなる。

 

本当のお仕事は、自分を犠牲にしてやるものでも

自分のやりたくないことを、何かのために我慢することでもありません。

 

自分自身に問いかけてみてください。

なんのために仕事をしているのか?

 

Comments

comments

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

成長を通して生きる目的を見つけるには

Copyright 2017 起業して失敗しないコアコンセプトの見つけ方