依存と共依存について

依存はダメだーーって思い込んで、1人でなんとかしようとしていた時期があります。

 

結局、全部1人で抱えて辛くなる。

 

誰かに頼めない、誰かに頼れない、誰かに甘えられない。
そんないらないブロックが取れた時、めっちゃ楽になった。

 

人生の究極の目的は、1人でいても充分でありながら相互依存の関係を築く力のある、バランスのとれた人物になるように成長していくこと。

 

頼られると嬉しいし、もっと役に立ちたいと思う。
だったら、相手にもそれを思わせてあげるためには、自分も頼るしお願いもする。

 

すると、1人でできないことが出来るようになる。

 

自分は何もしないで人に頼りっぱなしなのは論外。
自分が頼られる人物であるのが大前提だけど、自分軸ができたら、頼るキャパを身につけると世界がどんどん大きくなる。

 

自分の世界観を確立するには、1人でできないことを人を巻き込んで世界を広げていく。

 

それも、人生の醍醐味だよね。

 

自分のことをしっかり自覚して、
自分の世界を実現したいという本能に従って
同じ思いの人に、役割を分担する上でどうしても必要なのは

 

自立したもの同士の、良い意味での依存関係。

 

その関係は、自分の世界が変わらない限り崩れない深い関係。

 

自分の価値感がわからないと、良い関係は築けない。

 

そして、相手の価値観もわかろうとしないと
自分の世界は大きくならない。

 

ちょっと勇気がいることだけど、

成長とチャレンジ
今のテーマ

Comments

comments

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

成長を通して生きる目的を見つけるには

Copyright 2017 起業して失敗しないコアコンセプトの見つけ方